【重要】制限値幅の拡大措置に係るルール変更のお知らせ

2020/8/3(月)より、制限値幅の拡大に係るルールが変更されます。
これにともない、当日引け後の一部の時間帯において、翌営業日扱いにて発注される成行注文の取り扱い方法が一部変更となりますので、詳細についてはこちら(制限値幅について)をご確認ください。

制限値幅拡大ルールの変更内容

旧ルール新ルール
拡大要件

【旧ルール】

原則として、3営業日連続で次のいずれかに該当した場合、翌営業日(4営業日目)から制限値幅を拡大する。

(1)ストップ高(安)となり、かつ、ストップ配分も行われず売買高が0株
(2)売買高が0株のまま午後立会終了を迎え、午後立会終了時に限りストップ高(安)で 売買が成立し、かつ、ストップ高(安)に買(売)呼値の残数あり

【新ルール】

原則として、2営業日連続で左記(1)または(2)の基準に該当した場合、翌営業日(3営業日目)から制限値幅を拡大する。
拡大方向・拡大幅

【旧ルール】

ストップ高が連続した場合には制限値幅の上限を、ストップ安が連続した場合には制限値幅の下限をそれぞれ2倍に拡大する

【新ルール】

ストップ高が連続した場合には制限値幅の上限を、ストップ安が連続した場合には制限値幅の下限をそれぞれ4倍に拡大する
解除要件

【旧ルール】

拡大された日以降、当該ストップ値段以外の値段で売買が成立した場合、翌営業日から解除する

【新ルール】

変更なし