【重要】クロス取引となる国内株式注文の一部取扱い変更(注文制御)について

当社では、不公正取引の一形態である「他の投資家を誤解させることを目的とした、実質的に権利の移転を伴わない有価証券の売買(=仮装売買)」を未然に防止する観点から、2021年7月17日(予定)より、注文の一部について、発注を制御する仕様変更を予定いたしております。
一般的に、同一市場において同一銘柄の売注文と買注文を同一時刻、同一価格で約定させる取引形態をクロス取引といいますが、このクロス取引(S株(単元未満株)は除く)のうち仮装売買との疑念を招きかねない注文を、不公正取引の未然防止の観点から、制御させていただくものです。

※相場操縦的行為(仮装売買)の詳細はこちら

発注事例
(取引時間前、取引時間中いずれも同様)

<パターン1>
事前に「成行」注文を発注している場合(S株(単元未満株)は除く)

成行注文の例

  • 金額指定買付による単元株での注文
  • 株数指定買付で単元株による価格指定しない注文
No 売り・買い 執行条件 株数 判定
発注済
(未約定)
売り成行1,000株
買い成行1,000株×発注不可
買い指値(全て)1,000株×発注不可

※売り買いのケースが逆の場合でも同様です。

<パターン2>
事前に「指値」注文を発注している場合

No 売り・買い 執行条件 株数 判定
発注済
(未約定)
売り指値100円1,000株
買い成行1,000株×発注不可
買い指値(100円以上)1,000株×発注不可
買い指値(99円以下)1,000株○発注可

※売り買いのケースが逆の場合でも同一価格で約定する可能性がある注文であれば同様です。

注意点
  • 発注可となる上記の条件であっても、①日々の出来高に対して発注規模が大きい注文、②売りと買いの数量が異なる注文、③直前値を変動させる指値での注文など、価格形成に影響を与える注文については、不公正取引(仮装売買)の疑いを持たれる可能性があります。
  • 他の証券会社を併用したクロス取引については、同様に不公正取引(仮装売買)と見なされる可能性があります。
  • その他、市場の価格形成に影響を及ぼす可能性が高いと判断される取引については、当社より売買動機等について直接お電話にて確認させていただく場合があります。
  • S株(単元未満株)は受注制御チェックの対象外となります。
  • 定期買付の注文については以下のとおりです。

    (1)申込時、受注制御チェックは行っておりません。

    (2)発注時、単元株は受注制御チェック対象となります。(事前に未約定の「売」注文が存在する場合)

買付金額より算出した発注株数において単元株とS株(単元未満株)が混在する注文では、単元株のみ受注制御チェックの対象となり、発注されない場合があります。