【重要】ETF及びETN等の呼値単位の適正化・制限値幅の拡大要件等の
見直しについてのお知らせ

2021/11/29(月)以降、東京証券取引所の制度見直しに伴い、原則としてすべてのETF及びETN等にTOPIX100構成銘柄に適用される呼値単位が適用されます。 また、制限値幅の拡大要件についても見直しされますのでお知らせいたします。

【ETF等の呼値の単位の適正化等について】
ETF及びETN等について、原則として全銘柄にTOPIX100構成銘柄に適用される呼値の単位を適用する見直しを行います。

【注意事項】
TOPIX100構成銘柄に適用される呼値単位は、価格帯によっては円位未満の値段を含んでいることから、売買単位あたりの価格が円位未満の端数を含む価格となることを避けるため、以下の例外措置が設けられます。

※売買単位が1口のETF及びETN等については、終値等が5,000円以下となった場合、原則として、その2営業日後の日からTOPIX100構成銘柄以外に適用される呼値単位を適用します。その後、終値等が7,000円以上となった場合は、その2営業日後の日からTOPIX100構成銘柄に適用される呼値単位を適用します。

詳細は、以下のサイトをご覧ください。
ETF及びETN等の呼値の単位の適正化に係る運用等の取扱いについて
ETF等の呼値の単位の適正化等について

【ETF及びETNに係わる制限値幅の拡大運用の一部見直しについて】
現在、重複上場外国銘柄を除くすべての上場株券等において、2営業日連続で制限値幅の拡大要件に該当した場合には、翌営業日から制限値幅の拡大を実施することとしていますが、重複上場外国銘柄を除く ETF及びETNについては、ストップ高(安)の値段で立会を終了する場合、翌営業日から制限値幅が拡大されます。
※ETF及びETN以外の商品については旧ルールの運用を継続いたします。

旧ルール 新ルール
拡大要件

【旧ルール】

原則として、2営業日連続で次のいずれかに該当した場合、翌営業日(3営業日目)から制限値幅を4倍に拡大する。

(1)ストップ高(安)となり、かつ、ストップ配分も行われず売買高が0株
(2)売買高が0株のまま午後立会終了を迎え、午後立会終了時に限りストップ高(安)で売買が成立し、かつ、ストップ高(安)に買(売)呼値の残数あり

【新ルール】

原則として、ストップ高(安)の値段で立会を終了した場合、翌営業日(2営業日目)から、制限値幅を4倍に拡大する。
拡大方向・拡大幅

【旧ルール】

ストップ高の場合は制限値幅の上限を、ストップ安の場合には制限値幅の下限をそれぞれ通常の制限値幅の4倍に拡大する。

【新ルール】

変更なし
解除要件

【旧ルール】

拡大された日以降、拡大後のストップ高(安)の値段以外の値段で売買が成立した場合、翌営業日から解除する。

【新ルール】

拡大された日以降、拡大後のストップ高(安)の値段以外の値段で売買が成立しかつ立会を終了した場合、翌営業日から解除する。

<注意事項>
重複上場外国銘柄を除くETF及びETN等においては、ストップ高(安)で大引けを迎えた場合に適用される制限値幅の上限(下限)を4倍に拡大することとしていますが、売買単位が1口のETF及びETN等については、TOPIX100構成銘柄の呼値の単位が適用されている場合、原則として、値幅の下限拡大の対象外とします。

詳細は以下のサイトをご覧ください。
ETF及びETNにかかる制限値幅の拡大運用の一部見直しについて