ロスカットについて

ロスカットとは

ロスカットとは、保有建玉の損失が一定水準を超えた時に、 さらなる損失の拡大を防止するためにすべての建玉を自動的に決済するルールのことです。
可能な限りお客さまの資産を保全するという効果もあります。
取引時間中、一定間隔(原則20秒間隔)で証拠金維持率の計算を行い、 当社では証拠金維持率が50%を下回った時点で保有しているすべての建玉を強制決済(ロスカット)します。

  • ※ロスカットルールが適用された場合であっても、相場の急激な変動等により、意図した取引ができない可能性や、 その損失の額が差し入れた証拠金の額を上回る可能性があります。
  • ※ロスカットによる強制決済の際は、決済通貨数量にかかわらず、1,001~10,000通貨単位を取引する場合のスプレッドが適用されます。 基準スプレッド一覧はこちら
ロスカット対象となる証拠金維持率の計算方法
資産評価額÷必要証拠金×100=証拠金維持率(%)
ロスカット水準=50%(証拠金維持率が50%を下回るとロスカットが発生することを意味します。)
ダミー画像

事例

例1
預託金残高が1,000円、1ドル=100円の時に
250通貨の買建玉を保有

  • ※必要証拠金=[数量] 250通貨×[必要証拠金:1ドル当たり] 4円=1,000円
  • ※スワップ損益は考慮していません

1ドル=100円(値動きなし)の時、証拠金維持率は100%

  • [値動き] 0円(なし)×[数量] 250通貨=[評価損益] 0円
  • [預託金残高] 1,000円+[評価損益] 0円=[資産評価額] 1000円
  • [資産評価額] 1,000円÷[必要証拠金] 1,000円×100=[証拠金維持率] 100%
1ドル=98円以下に下落した場合

1ドル=98円(2円の円高)の時、証拠金維持率は50%となり、
98円を割れるとロスカットとなります。

  • [値動き] -2円×[数量] 250通貨=[合計評価損益] -500円
  • [預託金残高] 1,000円-[評価損益] 500円=[資産評価額] 500円
  • [資産評価額]500円÷[必要証拠金]1,000円×100=[証拠金維持率]50%

例2
預託金残高が1,000円、1ドル=100円の時に
200通貨の買建玉を保有

  • ※必要証拠金=[数量] 200通貨×[必要証拠金:1ドル当たり] 4円=800円
  • ※スワップ損益は考慮していません

1ドル=100円(値動きなし)の時、証拠金維持率は125%

  • [値動き] 0円(なし)×[数量] 200通貨=[合計評価損益] 0円
  • [預託金残高] 1,000円+[評価損益] 0円=[資産評価額] 1,000円
  • [資産評価額] 1,000円÷[必要証拠金] 800円×100=[証拠金維持率] 125%
1ドル=97円に下落した場合

1ドル=97円(3円の円高)の時、証拠金維持率は50%となり、
97円を割れるとロスカットとなります。

  • [値動き] -3円×[数量] 200通貨=[評価損益] -600円
  • [預託金残高] 1,000円-[評価損益] 600円=[資産評価額] 400円
  • [資産評価額] 400円÷[必要証拠金] 800円×100=[証拠金維持率] 50%

※複数の建玉を持ち、異なる通貨ペア、約定価格や数量、またスワップ損益があると、さらに計算が複雑となります。 実際の取引状況については、ネオモバFXアプリ内の「証拠金維持率」をご参照ください。