確定申告サポート(FX)

こちらのページでは、FXの損益の確認方法、当社で発行している各種帳票を説明しております。確定申告の際にお役立てください。

確定申告書については、国税庁WEBサイトを参照してください。

FX所得の種類

所得とは

所得=収入-費用(必要経費)で算出できます。

所得税法上の所得の種類
(全10種類)

利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退職所得、山林所得、譲渡所得、一時所得、および雑所得の10種類に分類されており、所得の性質を勘案してそれぞれ算出方法を定めております。

所得の種類と課税方法

FXの所得はこれら10種類の中の「雑所得」となります。
「雑所得」にも「総合課税(累進課税)」と「申告分離課税」があります。
当社のFX(外国為替証拠金取引)は店頭デリバティブ取引となり、税制上「先物取引に係る雑所得等」として「申告分離課税」が適用されます。

  • ※申告分離課税とは、他の所得と分離して所得税を計算し、確定申告により納税する課税方式です。
  • ※上場株式等の譲渡損益は、「譲渡所得」としての申告分離課税となります。このため、「先物取引に係る雑所得等」としての申告分離課税となるFX(外国為替証拠金取引)とは損益通算はできません。

損益確認方法

FXの損益はWEBサイト画面の報告書閲覧サービス(電子交付)でご確認いただけます。

※プロモードのinfoメニュー>期間損益をタップすると指定した期間の決済損益、スワップ損益、合計の金額が表示されます。

①ネオモバFXアプリ
ネオモード>メニュー>お客さまサポート>報告書
プロモード>info>お客さまサポート>報告書

ネオモバアプリスクリーンショット
ネオモバアプリプロモードスクリーンショット

②「FX取引分」ボタンをタップする

③取引報告書一覧が表示されるので報告書種別のプルダウンを切替えて検索する
日次、月次、年次の報告書の閲覧が可能。
※年次報告書では、1年間の損益を確認できる年間損益を確認することができます。翌年の1月中旬頃に交付いたします。

ネオモバアプリ取引報告書一覧スクリーンショット

繰越控除について

損失の場合原則として確定申告は不要です。
ただし、「損失の繰越控除」(損失を翌年以降最長3年間繰り越すことができる制度)の適用を受ける場合には確定申告が必要です。

ネオモバアプリ取引報告書一覧スクリーンショット

※上場株式の損失は、確定申告を行うことにより最長で3年間繰り越して、各年分の「株式等譲渡所得」から控除することが可能です。
※FXで損失が発生した場合、その翌年以後3年間にわたり店頭デリバティブ取引等(当社取扱商品においては、FXとネオW(カバードワラント)が該当)および取引所先物取引等(当社取扱商品においては、取扱なし)で発生した利益からこの損失額を控除することが可能です。
※一年間の雑所得(経費控除後の金額)が20万円以下で、一定の条件を満たした場合は申告不要制度を適用できます。ただし、お客さまの所得状況などによって判断が異なる場合がありますので、詳細につきましては所轄の税務署にご確認ください。

上記は信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。万一、本情報に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報元は一切その責任を負うものではありません。